無職転生が「きつい」と感じる視聴者の背景


アニメ無職転生で「きつい」と言われた所

「無職転生」というアニメをご存知ですか?異世界転生ものとしては新しい感じがして、主人公のルーデウスの心情がとても複雑なんですよ。初めて見たとき、ルーデウスの冒険や成長に期待が膨らむんですが、物語が進むと、彼の父の浮気エピソードなど、ちょっと衝撃的な展開もあって驚きました。

ルーデウスって、見た目は無邪気な少年なんですけど、実は前世の記憶や「大人の心」があるんですよ。このギャップ、一部の人にはちょっと違和感があるみたいですね。彼の優しさが実は下心から来ていると感じる人もいるみたいで、受け入れがたいという意見もあるようです。

この作品、色々な意見が出ているんですよ。特定のシーンについて、「これはちょっとアウトじゃない?」っていう声が多いんです。確かに、主人公は精神的には40歳以上の大人なんですけど、その行動には賛否が分かれているみたいですね。

でも、一方で「表現の自由だから」とか「原作に忠実だから」という意見もあるんです。一概に「表現の自由」と言ってしまうのは簡単ではないですよね。他人に害を及ぼす可能性がある場合、それについてはちゃんと考えないといけないと思います。

「無職転生」自体は、深夜アニメとして放送されているし、私はweb版の原作は読了済みなので、性的な描写やシーンはアニメーションにして大丈夫か?と思っていたのですがね。

でも、私的には、このギャップや葛藤が「無職転生」の魅力だと思っています。ファンタジーと現実的な人間ドラマ、ギャグがうまく組み合わさっていて、それがファンを引きつけているんじゃないかと。物語が進むほどに評価が高まっているし、好みは分かれるかもしれないけど、価値がある作品だと思いますよ。どうでしょう、皆さんも時間があれば一度観てみてくださいね。

正直、視聴者がこのシーンに関しては問題視するのは正しいと思っています。でも、それを否定するのは適切じゃないと思うんです。みんなの意見を尊重して観るも観ないも個人の自由だと思います。


きつい下ネタも魅力的:「無職転生」の魅力と挑戦

『無職転生』という作品は特に「幼年期」や「青少年期」の章では、シリアスな場面は少なく、下のネタの頻度が多いため下ネタが苦手な方からすると、やはり「きつい」や「気持ち悪い」と思われるのは仕方ないのかもしれません。

しかし、この作品の魅力はそこだけではありません。 『無職転生』は、ルーデウスの成長を描いた人間ドラマです。 彼がロキシーのパンツを御神体として飾るシーンもありますが、彼の心の成長や人間関係の変化を追うことが、この作品の真の楽しみと言えるでしょう。

下ネタが苦手な方もつらいかと思いますが、それを超えた先には、一人の男の人生がわかりますので、どうかこの作品を楽しんでいただけると嬉しいです。


無職転生二期:きついシーンを通じて描かれるリアルな人間ドラマ

サラは16歳の弓使いで、性格はツンデレであり、エリスと似ていると感じます。ルーデウスは13歳の時、エリスが突然去ってしまったことで自暴自棄になっていた。彼は母を探すために一人旅を始めるが、スザンヌという女性が彼の心の状態を気にかけ、彼にパーティでの活動を勧めます。スザンヌはルーデウスがソロでの活動よりもパーティでの活動の方が効果的だとアドバイスしますが、サラはスザンヌのルーデウスへの同情を理解できず、彼に対して疑念を持ちます。特にルーデウスが「グレイラット」という姓を持っていることから彼に対する忌避感を持ちます。

サラはかつて村を魔物に襲われ、貴族たちが事態を軽視して騎士団を派遣しなかったために両親を失い、貴族に対する不信感を持っていました。ルーデウスとの初めての依頼では、彼の提案を次々と却下し、彼を異物として扱っていました。しかし、魔物との戦闘中、ルーデウスが仲間を見捨てずに戦う姿を見て、彼に対する認識が変わり始めました。特に、窮地に陥った際にルーデウスが魔法で彼らを救い、その後もサラが吹雪の中で行方不明になった際に彼女を救出する姿を見て、サラは彼に感謝の気持ちを抱くようになりました。ルーデウス自身は、かつてエリスに捨てられた経験から、他人を見捨てることができず、サラを助けたことで自分の行動が正しかったと感じました。

サラとルーデウスの関係は救出された後、急速に深まりました。サラはルーデウスに対する過去の誤解を解き、2人はデートを楽しむようになりました。酒場で食事をすることにその後お酒の勢いに任せたサラはルーデウスと一緒にいると安心すると言ってルーデウスに密着してきますがサラの腰に手を回すとサラも手を重ねてきましたサラはあんたの部屋に行ってもいいかなという問いに対して夜のお誘いだと気づいたルーデウスは部屋に行くことを承諾します部屋に着くとサラはルーデウスに改めて感謝していることを伝え抱いて欲しいと伝えます。しかし、ルーデウスはエリスとの過去の経験から身体的な反応が得られず、サラはその場を去ってしまいます。ルーデウスは過去のエリスとの関係と今回の出来事を重ね、自分の行動を後悔するようになりました。

ルーデウスは心の寒さから酒場で酒を飲んでいたところ、ゾルダートという冒険者に絡まれる。普段は愛想笑いで受け流すルーデウスだが、今回は我慢の限界を超えてゾルダートに反撃する。ゾルダートはルーデウスの真の悩みを知り、彼の不能を治すために力を貸すと申し出る。娼館でルーデウスの不能を直すために様々なことを試してくれるのエリーゼでしたが結果的に効果はありませんでした、酔っ払ったルーデウスは勢いでやっぱり女はエリーゼみたいじゃないとお買い物してご飯食べておままごとかよエリーゼは大人サラはガキと言ってしまいます。そこに運悪く居合わせたサラは思いっきりルーデウスをひっぱたきます本心ではそんなことは思っていなかったルーデウスでしたが弁明の余地もなくサラは行ってしまいました。その後、ルーデウスは自らの命を絶とうとするが、ゾルダートに止められ、彼のパーティに参加することになる。


ルーデウスの不能を知るサラとその後

サラはルーデウスを叩いてから少し時間が経過し頭が冷えてきていました。パーティメンバーに今回のことを話すとルーデウスの言動に違和感があるし元々不仲だったゾルダートと一緒に行動していたのもおかしい、もう一度話してみてはどうかと助言を受けます。サラもこれまでのルーデウスの言動と明らかにかけ離れた言動に違和感を覚えもう一度話をしてみようと考えます。しかし、宿に戻ってもルーデウスは見つからずもしかしたらと歓楽街の方へ足を運びました。するとルーデウスのED治療に協力してくれたエリーゼと遭遇します。サラはルーデウスの居場所を問い詰めますがエリーゼはルーデウスの事情について大方把握しており目の前にいる相手がサラであることを理解しましたルーデウスが不能であること、娼館に来た理由、どういう気持ちで帰っていったのかをサラに伝えました。サラは男性のあれが機能しない不能について知らなかったのでしたエリーゼは彼はすごく悩んで苦しんでいたことを伝えます。その後サラは傷ついたのは自分だけではなくルーデウスも傷ついていたのだと理解し謝ろうと考えます。しかしルーデウスは ゾルダートとともに町から離れてしまっていました。サラはできればせめて一言謝りたかったと語ります。

ネタバレ注意

それからしばらくしてサラはカウンターアロウとして活動していましたが解散しS級パーティーアマゾネスエースに所属し活動していました。たまたまアリエル王女の護衛の仕事でルーデウスと再会したサラとルーデウスはお互いにあの時のことを謝罪して誤解を解きました。それ以後は友達として関係を保っているようです。ルーデウスがたくさんの家族と暮らしていることを知ったサラは自分も冒険者を引退していい男と結婚することを決めます。そしてサラは 冒険者を引退して夫と共に食堂を経営しています。

あとがき


「無職転生」の見てきついと感じた所をざっくりまとめてみました。私個人的には下ネタは「変態過ぎw」と思った程度でしたが観続けるのかは個人の自由だと思います。しかし、それぞれの葛藤や成長がまた、物語の中でのそれぞれの選択や彼らのその後の人生にも注目して欲しいです。生き様や、その後の人生の選択は、多くの読者にとっても共感や感動の材料となります。ご愛読をよろしくお願い致します。




(C)理不尽な孫の手/MFブックス/「無職転生Ⅱ」製作委員会
  • 作品名: [無職転生 ~異世界行ったら本気だす~]
  • 著者: [理不尽な孫の手]
  • ジャンル: [ハイファンタジー]
  • あらすじ: [働きもせず他人と関わりもせず、ただ部屋に引きこもってゲームやネットに明け暮れるだけの34歳のニート男が、ある日交通事故に遭い死亡…したと思った次の瞬間、剣と魔法の異世界に生まれたばかりの赤ん坊として転生!少年ルーデウスとして生まれ変わった男が、前世の記憶と後悔を糧に、出会いや試練に直面しながら「今度こそ本気で生きていく」姿と壮大な冒険が描かれる大河ファンタジー。]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP